映画館で演劇を

“演劇”の街・下北沢で、映画と演劇の世界をつなげてひろげる映画祭の幕が上がる!

劇場が立ち並ぶ“演劇”の聖地・下北沢。その街の唯一の映画館トリウッドで、演劇と映画の世界がつながり、広がるような映画祭がはじまります。

下北沢にゆかりと密度ある映画&演劇人があつまり、舞台演出家の作った映画作品や演劇公演、演出家がセレクトする名作映画を上映する他、下北沢で伝説となった舞台上映&トークも開催予定です。
「演劇って気になるけど、どんなものかな」「演劇みたいな映画がみたいな」
どちらの世界も楽しめる3週間。
演劇と映画の世界を行き来しましょう

参加予定

〇山内ケンジ(城山羊の会)
『At the terrace テラスにて』『ミツコ感覚』『友だちのパパが好き』(映画)
「水仙の花」「自己紹介読本」「相談者たち」(演劇)
セレクト映画『オープニング・ナイト』監督・脚本・出演:ジョン・カサヴェテス

〇ロロ
「いつ高」シリーズ一挙上映 (vol.1~6)
「BGM」「ハンサムな大悟」「父母姉僕弟君」(演劇)
『ダンスナンバー時をかける少女』(映画)

〇松居大悟
『アイスと雨音』『ファーストキス』(映画)

〇ザ・スズナリ
「スズナリ九龍城 幻燈記」スペシャル上映&トーク
ゲスト(予定):久保井研(劇団唐組)、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)、深海十蔵(「スズナリ九龍城」企画・演出・美術)、野田治彦(ザ・スズナリ)

スズナリ特設 WEBサイト:http://r.goope.jp/the-suzunari/free/kowloon

〇玉田真也(玉田企画)
『あの日々の話』(映画)

〇山本卓卓(範宙遊泳)
「その夜と友達」(演劇)

「午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-」(演劇)

〇さんぴん
『NEW HERO~ドキュメンタリー(仮)』(映画) 上映&ミニ公演(予定)

〇奥村徹也(劇団献身)

『cat fire』(映画)

→プログラム一覧


会期
2018年12月8日(土)~12月30日(日)※火曜定休

料金
[ 1回券 ]一般・シニア1,500円  大学・専門1,300円 高校以下800円

[2回券]一般・シニア2,600円 大学・専門2,200円 ※2回券は別日の利用も可